ブログ

やりたかったことの1つ

投稿日:2020年10月14日 更新日:

いつのころからか、絵を描きたいな、と思っていました。

いえ、描こうと思えば絵はすぐ描けるのですが、

これも時間と心の余裕が必要。

 

かつて高校では美術を選択、短大では美術のゼミを選んでいました。

小学校でも図画工作の時間は楽しみでした。

小学生の時に少し、水彩画を習い、

高校では油絵を描きました。

真似はうまいので、模写はきれいにかけるのですが、

オリジナルとなると、うーん。。。となってしまいます。

 

そんな過去はおいておいて、

先日町内の掲示板にあった一枚の張り紙が目に入りました。

「オイルパステル画教室」参加者募集。

2回500円、って、行くしかないでしょ。笑

 

その1回目が10月14日、

場所も目の前のコミュニティーセンター。

 

オイルパステルというのはつまり、クレパスです。

会場に入ると、まっさらな「さくらクレパス」ときなりの用紙が置かれていました。

 

先生はドイツ人のダビッド・ガルデ先生。

どうやって描くのかと思っていたら、

先生の指導通りにみんな同じ絵を描いていきます。

 

構図が先、物は後。

そして油絵のように、パステルもどんどん重ねていきます。

手でぼかしたりして。

 

この後は全体に黄色をジグザグ入れて、

そして手でぼかします。

(最初からクレパスはぽきぽき折って使い、

手は真っ黒けになります。笑)

最後は白で光を入れて、

あとはインスピレーションで遊ぶ。

遊ぶ!?遊ぶ??うーーーん。。。

結局私はあまり遊べず、

先生の真似をしたつもりですが、

光や影の入れ方が均一になってしまい、

おもしろみがなーい。。。(^^;)

 

同じように教えていただいているのに、

皆さんの絵が全部違って面白い!

 

こうやって描いてみると、

普段何気なく見ている景色がいかに美しいか。

自然が作る光のコントラストってすごい。

完璧だわーーー。

 

こうしてブログを書いている今も、

ヤシの木の葉っぱに夕日が当たってきらきらと。

あういうのを絵で描けたらなあ。

 

2時間あっという間でした。

2回目はもっと味わいのある絵が描きたいです。

 

時間の余裕は心の余裕が作ります。

心の余裕を作りたい起業家さんを応援します。

Bliss おすすめ記事

-ブログ
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© Bliss-魂が喜ぶ場所 , 2020 All Rights Reserved.