メッセージ

ジャッジをやめる

投稿日:2019年4月18日 更新日:

私たちは一日に何度も何度も物事や人をいいだの悪いだの、

ジャッジしています。

 

そしてもしかしたらそれ以上に自分のことを

ジャッジしています。

 

しかも否定的に。

 

「朝起きられなかった自分はダメだ。」

 

「気持ちよく起きられない自分はダメだ。」

 

「朝ご飯の支度がサッサとできない自分はダメだ。」

 

「どうして毎朝こんなにバタバタしちゃうんだろう?

あーこんな自分がヤダヤダ、ダメダメ。」

 

「子どもに起こってしまう自分はダメだ。」

 

「イライラしちゃう自分が嫌だ。」

 

「あの人はステキだな。それに比べて私は

(全然ステキな所がなくてダメだ)・・・」

 

「どうしてやりたいことがみつからないのか、

あの人みたいになりたいのに・・・

(なれていない自分はダメだ。)」

 

「悩んでばかりの自分はダメだ。」

 

・・・・・

 

こんなふうに。

 

これではシアワセになれるはずがありません。

 

まずはジャッジをやめましょう。

 

そのことをただそのまま受け止めましょう。

 

魂の世界では、イイも悪いもありません。

 

ネガティブ感情を抱いた自分をダメだと思うと

ネガティブ上乗せでさらに辛くなります。

 

どんな自分もどんな感情も、ジャッジすることなく、

ただそうなんだ、と受け止めてみましょう。

 

そしてなぜそうなったのか、よくよく自分にきいてみましょう。

 

理由がわかったら、「そうだったのね。」と理解してあげましょう。

 

その上で、これから(次)はどうするか、どうしたいのか、問いかけましょう。

 

常にジャッジしてダメ出しして、ネガティブ感情を自分にペタペタ塗りたくらなくても、

ただそれだけでいいのです。

 

あなたがあなたであることが、あなたがそこにいることが、

一番尊いのだから。

 

※このメッセージがいいなあ、と思ってくだされば、

こちらにご登録を。

リアルタイムなメッセージを配信しています。

「魂の喜びを知るLINE@」

友だち追加

Bliss おすすめ記事

-メッセージ

Copyright© Bliss-魂が喜ぶ場所 , 2020 All Rights Reserved.